Educational Kinesiology Association JAPAN

災害を乗り越えて:トラウマを抱えて生活する人々のために

  • HOME »
  • 災害を乗り越えて:トラウマを抱えて生活する人々のために

去年の12月に津波が猛威を振るった際に、私たちが最初に思いついたのは、世界中の多くの 人々と同様、「どんな手助けができるか?」と自分に問いかけることでした。しかし災害の規模 はとてつもなく大きく、お金を送るというだけでは、心もとないように思われました。

そこで私たちは、教育キネシオロジーとタッチフォーヘルスのインストラクターとしてのスキ ルが被災者の支援に大いに役立つと考え、助けを必要としている人々のもとへ行くことにしました。私たちが被災地に近いところにいることも、その考えを後押ししました。(ヘンリーはインドネシアのセマラング、リー・アンはシンガポール)

今年の五月に、私たちは、個別にあるいは共同で、インドネシアのメダンとバンダ・アチェに 4度にわたって出かけました。私たちの組織の役員であるモイラ・デンプシーも4度目のバン ダ・アチェへの旅に同行してくれました。モイラは、ブレインジムのインストラクターであり、物心両面で、多大なる支援と貢献をしてくれました。

最初に、私たちはトラウマの解消に重点を置いて活動することを決めました。津波が襲われて からの数週間は、医療支援、食料の確保、きれいな水と住居の提供に重点が置かれていましたので、私たちは、この間、各方面と連絡をとりながら、活動計画およびトラウマ解消のための「学習メニュー」を練っていきました。

私たちの目標は以下のとおりでした。

●大勢の被災者を助け、津波についての恐怖やトラウマを解消する。
●私たちがいなくても、自分でトラウマやストレスを扱えるためのツールを提供する。
●被災者を訓練し、彼らが家族や彼らのコミュニティーにもどった後も、トラウマ解消のスキルを広めることができるだけの能力と自信を養う。

私たちが、以上の目的にかなうと考えた学習メニューは、PACE を含む8つのブレインジムの アクティビティと、グレイ・クレイグの「感情解放のテクニック(Emotinal Freedon Techique、以下 EFT と略)」などです。私たちは、インスピレーションにしたがって、スベトラナ・マスグトワ博士のトラウマ解消のワークも取り入れました。津波被害の直後に、リー・アンは、幸運にも、合衆国のエネルギー心理学会の創設者である、デビット・グルーダー博士に出会う機会を得ました。彼は、9.11 テロの被害者とその家族に EFT を用いて大きな成果を収めた方です。

アチェ・セパカット
私たちは、インドネシアの NGO でアチェ・セパカット(アチェ同盟といった意味合い)という 組織と共同で活動ことにしました。アチェ・セパカットは、理想的な組織で、セクト的なところがなく、草の根のネットワークを持っていました。このグループは、アチェ以外に住むアチェ出身者たちによって組織され、津波が起こる以前から、貧しいアチェの人々のために学校や病院や基金を運営していました。彼らは、また、孤児たちが人身売買の被害にあわないよう、空港での監視に時間を費やしてきました。

アチェ・セパカットの助けを借りて、私たちブレインジム・インストラクターは、それぞれ、 150人以上の難民、救援者、助産婦、心理学者や様々なボランティアの人々に、「学習メニュー」を教えました。参加者の中には、いまでもこの独りでできるトラウマ解消のテクニックを 120人以上の人々(現在も集計中)に広めて続けている人たちがいます。また、ある人たちは、僻地の漁村にまで、この感情解放のテクニックを伝えるために出かけていきました。

トラウマを抱えての生活
被災者の中には、気さくに笑いながら世間話をしているものの、実は自分の村の唯一の生き残 りだという人たちもいました。また、津波から五か月たっても未だに、多くの人たちが毎晩眠れないと訴えていました。また、頭痛等の痛み、腹部にガスが溜まったり、字を書くときに手が震えるといった心身症的な症状に悩む人もいました。

多くの人が今後のことを常に心配し、あるいは失ったもののことばかり考えていました。さら に深刻なケースでは、水や高所に対する恐怖症や不安、またはちょっとした物音にも極端におびえるという人たちもいました。

しかし、90%以上の割合で「学習メニュー」を学んだ人たちは、その日の夜から、落ち着いて眠れるようになったことが報告されました。また、参加者の100%が、不安が50~90%軽減しました。

支援活動の実際
・クラス

私たちのチームは、難民センターを訪れてはトラウマ解消の「学習メニュー」を教えるクラスを開いたり、個別にトラウマ解消のワークを行ったりしました。また、しばしばクラスの参加者 を一人か二人つれて難民センターへ行き、彼らが学んだテクニックが実際に使われる様子を見せました。

ひとクラスを教えるのに、周りの状況や参加者数によって、約2時間から5時間くらいかかりました。私たちは、一度に10人から60人もの人たちを教えていましたが、可能であれば、学習効率が良いようにクラスを10人から20に留めるようにしました。こうしたクラスが助けになって、参加者は自分の恐怖やつらい経験を共有し、ストレスやトラウマの影響や、それらがどのように脳や体と関係しているのかを理解できるようになりました。

さらに、私たちは、ブレインジムの三次元の脳のモデルとトラウマとの関係を簡単に説明し、 それらを統合することが、自分の辛い経験を消化し、ストレスを手放す助けになることを伝えました。

・個別セッション
時間に余裕があれば、私たちは他の組織によって運営されているキャンプに赴き、クラスを開いたり、さらに深刻なトラウマや健康問題については、個別のセッションを行ったりしました。 アチェ・セパカットのキャンプは、医師との連携が取れ、医療品も十分にありましたが、私たち が訪れた他のキャンプは、このような体制がとられていませんでした。私たちが提供するキネシ オロジーや、その他の薬を使わないセラピーテクニックは、そうした状況には打って付けでした。

成功事例
 キャンプでの経験は、とても勉強になりました。私たちは、そこで、教育キネシオロジーや EFT のようなシンプルなツールが、いかに効果的で強力かを、本当の意味で理解しました。たくさんの成果があり、ここで紹介しきれないのが残念なほどです。

・幻覚  今回の支援活動のパートナーであるヘンリーと私、リー・アンは、キキという少女にトラウマ解消のワークをしました。彼女は19歳から23歳くらいに見え、幻覚に囚われていました。彼女のトラウマがあまりにも強く、未だに津波に見舞われていると思い込んでいたのです。3 時間ほどのワークの後、彼女の意識はハッキリしてきました。後日訪ねてみると、彼女は日常生活に復帰できるようになり、過去のフラッシュバックに悩まされなくなったようでした。

・麻痺 私、リー・アンは、50代から60代くらいの男性にトラウマ解消のワークをしました。彼は、助けを求めて10日以上も歩き続けたため、両足が20日たっても麻痺したままでした。1 時間ほど、ブレインジムの3次元のバランス調整(3DR)と動きの再教育を行った後、彼は足の感覚を90%以上取り戻しました。

・心身症的な問題 いくつかの個別セッションで、ヘンリーは 75%の人が、怪我をしていないにも関わらず、膝の症状を訴えていることに気が付きました。多くの人が痛みを感じ、立ち上がったり座ったりすることが困難だったのです。医師も、治療を求めてキャンプへ来る人々の多くが、同じ問題を抱えていることに気が付きました。問題が心身症的なものだと思われても、医師には痛み止めの薬を与えることしかできませんでした。
一方、ブレインジムや EFT を使ってトラウマを解消した人たちは、たちまちストレスから解放 されたのを感じ、膝の痛みは消えました。そして楽に立ち上がれるようになりました。

さらに興味深いのは、ブレインボタンの予想外の効果でした。ブレインボタンを行った後、多 くの人たちはゲップが出ました。彼らは、津波の後、ストレスから胃にガスが溜まっていたのです。彼らは、笑い出しました。なぜなら、解放感を味わい、また、体のあるポイントに触るだけで、たちまちこの様な変化が起こることに驚いたからです。
こうした経験から、ヘンリーと私は心身症的な症状への理解を深め、ブレインジムが、こうした問題にどれほど役に立つかを知ったのです。

・高所恐怖症 イムロスという20代後半のお針子の女性は、高いところを怖がっていました。なぜなら、彼女は波にさらわれて、建物2階以上の高さにまで上げられてしまったからです。彼女は、それ以来、暗闇やほんのわずかな物音、そして幽霊などを恐れるようになっていました。45分のブレインジムと EFT のセッションの後、彼女の表情は、目に見えて明るく和やかになりました。彼女は、ガタガタするハシゴの上でも、手助けなしに上れるようになりました。

・警官からの暴行によるトラウマ ヘンリーと私、リー・アンは、メダンの5歳の男の子とその家族にトラウマ解消のワークをしました。その子の父親は、友人の同僚でした。その子は、公園で警官に何度も蹴られ暴行を受けたことがありました。その子は、たまたま運悪く、そこに居合わせただけだったのです。
ヘンリーと私が最初にその子に会ったとき、彼は話そうとしませんでした。彼は、生気がなく完全にトラウマに打ちのめされていました。学校にも行こうとせず、だれかが「公園」や「警官」という言葉を口にすると、うろたえるのでした。私たちは、一時間半ほど彼と、そしてさらに一時間ほど彼の両親とワークをしました。両親は、怒りと罪の意識、そして自分を責める気持ちでいっぱいでした。セッションの後、男の子は、また独りで学校へ行けるようになりました。彼の目に生気がもどり、その目で両親を見るようになりました。父親は恨みの気持ちも薄れ、最後は、夫婦ともに、息子が暴行を受けた時に、その場に居なかったことで自分自身を責めないですむようになりました。

ペースに合わせる
インドネシアには、独特の生活のリズムがあり、それは必ずしも時間通りのものではありませんでした。クラスは定刻には始まらず、十分な参加者が集まり次第、順次、複数のクラスが開催されるというものでした。
また、キャンプでの日常生活に合わせて、クラスを行うのも困難でした。子供や一部の大人たちは、途中でキャンプでの日課に出なくてはならず、他のキャンプから来た人々も、夕食が配られるのに間に合うよう帰れるかどうかを、気にかけていました。

クラスにふさわしい静かな場所を見つけることさえ、時には困難でした。私たちは、草の上に 大きなカーペットを敷いてクラスをしたこともありますし、寝室として使われているテントを利用したり、たまたま空いていたテーブルを囲むこともありました。

「学習メニュー」の内容
ブレインジム
・PACE
・ポジティブ
・ポイント
・レイジー8
・グラビティ・グライダー
・フットフレックス
・カーフ・ポンプ
その他・EFT

2006年度報告:再びバンダ・アチェへ、
そして新たにジャカルタへ

六月の初旬に、ヘンリーと私、リー・アンは、バンダ・アチェへ戻ってトラウマ解放のワークを行いました。また、ジャカルタを訪ねて、地震の被災者にワークを行いました。ジャカルタにいる被災者は、地震で活発化したメラピ山が噴火することを恐れていました。今回の支援活動の資金は、バーレーンとドバイ在住の、ノーライニ・マフムードとエディス・ライドローの二人のブレインジム・インストラクターと彼らの生徒たちからの寄付によってまかなわれました。

アチェにて
アチェでは、ヘンリーと私は、新たに YUM アチェ・コミュニティーという NGO と協力して、活動に当たりました。YUMは、コニュニティ・センターを運営し、貧困層への能力開発プログラムの提供といった活発な活動を通じて、草の根運動から大きく成長してきた組織です。小口融資のプロジェクトを運営し、トラウマ・カウンセリングや、フィジカル・セラピー、能力開発プログラムの教師やプロを抱え、彼らは地域のニーズに合った活動をしています。

空港からバンダ・アチェへ車で向かう途中、いたるところで復興の機運が高まっているのを見かけるのには、とても勇気づけられました。瓦礫の山や水浸しの場所は片づけられ、あちらこちらで建築作業が行われていました。倒壊した学校も建て直されていました。人々は、生活の物理的な基盤を再建しつつありました。活気のある様子に、状況が上向きつつあるのを感じました。

YUMとの活動で、ヘンリーと私は、アチェにブレインジム・インストラクターを育てるという長期的な目標が、また一歩実現に近づいたのを感じました。現場で、親たちや心理学者たちの話を聞くと、YUMとその関係者が、地域のニーズにあったサポートをもっと必要としていることがわかりました。

不幸にも、この地域には、資源が乏しく、また、津波の危険がさった今となっては、家庭内暴力に、より多くの関心が集まっていました。実際に、ある心理学者が、女の子を連れてきたのですが、彼女は父親の虐待によって半ば麻痺状態になっていました。家庭内暴力の領域については、さらなる支援が必要であろうということしか私には言えません。なぜなら、アチェの人々は、長い間、過酷で暴力的な環境のなかで生活しながら、自活を目指して奮闘していたからです。地元 の学校を訪ねてみても、教師たちから報告されたのは、子供たちの間に、多動性や攻撃性が高まっていることでした。こうしたことは、アチェに対する国際的な関心が薄れていく一方で、いまだに解決されないトラウマが残っていることを暗に示しています。トラウマ解消という意味では、まだやるべきことがたくさんあるのです。

私たちは、トラウマ解消のための通常のクラスよりも、私のブレインジム一日セミナーを現場にあうようアレンジして教えることに決めました。これによって、YUM の関係者は、トラウマ解消 のワークの下地となるテクニックに慣れ親しむことができます。コースの内容は、ブレインジム の脳の三次元モデル、支援を必要とする子供たちへの作用、ブレインジムのアクティビティのうち14種類について、詳しく理解することができるようにしました。これに参加すれば、役に立つブレインジムのツールが増えると同時に、次回アチェで開催する予定の、ブレインジム101認定クラスへの下準備にもなるのです。

ジャカルタにて
ヘンリーは、当初インドネシアの心理学会と連絡を取り合っていましたが、地震が起きてからは、結局、ジャカルタの大学病院であるDr.サージト病院の生理学科と一緒に活動することにしました。ジャカルタは、ヘンリーのセマラングの家から車で3時間です。食糧が不足し始めたので、彼は、バーレーンとドバイの後援者からの資金援助の一部を利用して、食糧やオモチャ、その他の必需品を手配しました。リー・アンが合流するまでに、二回にわたって、みんなでヘンリーの車のトランクにいっぱいオモチャを積み込んで病院に運びました。
今回、私たちは主に病院に入院している子供を対象に、彼らの痛みの軽減に努めました。また、私たちは、心理臨床科を拠点に、トラウマに多角的にアプローチする計画を立てました。この計画には、心理学者やキネシオロジストだけでなく、演劇の教師やダンスの教師、物語の語り部も関わっていました。ブレインジムのアクティビティのいくつかは、ダンスや物語の中に取り入れられました。
この活動は現在も進行中で、ブレインジム・インストラクターのノーライニ・マフムードが、 現地を訪れてサポートしていく予定です。
















PAGETOP
Copyright © NPO法人 日本教育キネシオロジー協会 All Rights Reserved.