Educational Kinesiology Association JAPAN

協会概要

  • HOME »
  • 協会概要

私たちは学習障害を助ける画期的な動きのプログラムとして開発され、30年にわたり世界で使われている「ブレインジム」「教育キネシオロジー」の考え方に賛同、2006年11月に非営利の活動法人として発足しました。そもそもは2003年にアートセラピスト、教師、母親等が集まり、英国の教育キネシオロジー財団理事長(当時)のケイ・マックキャロルさんを招聘して共に学びはじめたことが小さなはじまりでした。現在は全国のブレインジム・インストラクターを支える活動母体として、ブレインジムを通じて子供の健全な成長・発達と大人の心身の健康増進を支援する活動を展開しています。

その主な活動内容は?

  • 「学ぶことは楽しい!」と誰もが思えるように、またそれぞれの人が夢や目標を上手に達成して元気になってもらえるように、ブレインジムの動きをツールとして日常に用いる方法を、「ブレインジム101」という基礎講座の形で、協会登録インストラクターを通じて各地で教えています。
  • 「ブレインジム101」やその他の講座を通じて、教育キネシオロジーの基本の考えを教えるインストラクターと、個々のニーズに合わせて個人セッションという形で伝えていくコンサルタントの養成を行っています。
  • 海外から経験豊かな講師を招き、教育キネシオロジー財団(米国本部)が認定する各種の公開講座ならびに講師独自の講座を開催し、教育キネシオロジーの奥深さを知ってもらうための活動をしています。
  • インストラクターによるプロジェクト・チームを立ち上げ、学校、企業、老人介護、スポーツの分野にブレインジムを普及する活動を行っています。







PAGETOP
Copyright © NPO法人 日本教育キネシオロジー協会 All Rights Reserved.